interview

社員インタビュー

県内トップの
スキルがある誇り

工事部主任 北村大輔 1999年入社

後輩の育成に注力

元々土木関係を志望して就職活動をしていたところ、学校求人にて当社を知りました。地元で有名だったこともあり、同級生から特に人気だったことを覚えています。安定した業績と、待遇に惹かれて入社を決めました。現在は、これまで積み重ねた経験を元に、主任として後輩育成やチーム力の向上に励んでいます。私は教えることが好きなので、後輩が日々成長していく様を見守るのは楽しいです。覚えることがたくさんある仕事ですが、覚えた分だけ成長出来る仕事でもあります。わからないことがあれば何でも聞いてほしいので、後輩たちが質問しやすい雰囲気をつくっていきたいです。

1日のスケジュール(施工管理)

8:00 朝礼

当日の作業を一人ひとり確認。
後輩に対しては、作業のポイントを伝えアドバイスをします。

8:30 作業開始

工事に必要な測量を計った後、作業を開始します。
職人の方のお手伝いとして重機を使うこともあります。

13:00 現場確認

図面との相違がないか、くまなくチェックします。
まずは後輩に考えさせて、見落とした点があれば納得するまで説明します。

15:00 翌日~翌週の確認

材料の手配等の変更確認。
同じ作業でも、毎日確認を怠らないようにします。

PRIVATE

洗車&ドライブ

洗車をして格好良くなった車を見るのが楽しいです。
子ども2人が大きくなったら、遠くへ出掛けに行きたいです。

藪建設はここが魅力

三重県から認められた技術

県内でトップクラスのスキルが魅力です。みんなで切磋琢磨して、あらゆるお客様から表彰を頂けるようになりました。例えば三重県に提出する施工計画や書類に関する評価で、私は2年連続で表彰を頂戴しました。私だけでなく、一人ひとりが良い評価を取ろうと競い合っていることが強みです。そのおかげで、県内で一番の成績をとることが出来、それが次の工事受注に繋がり、その利益が社員に還元されるという、良い循環が出来ています。