interview

社員インタビュー

人々の生活を守る
仕事がしたい

土木工事補佐 深田雄也 2016年新卒入社

様々な知識・技術が身につく会社

私は公共工事に関わる仕事を軸に就職活動を行っていました。当社のホームページで推進工事という特殊な工法を知り、それが津市では藪建設でしか行っていないことに魅力を感じて、入社を決意しました。また、藪建設は推進工事の他に一般土木業も行っているため、多くのことが学べます。覚えることは多いですが、先輩方が優しく教えてくれるので安心です。ですので、現場の雰囲気も良く、職人の方とコミュニケーションを取りながら楽しく仕事ができます。現場ごとに様々な知識・技術が身に付くので、日々成長を実感できる仕事です。

1日のスケジュール(施工管理)

8:15 危険予知活動

当日現場での注意すべき場所を確認。
チェックした箇所を朝礼でチームに共有し、安全作業を励行します。

8:30 測量

測量機器を使用して、工事の位置を正確に計測。
図面を確認しながら、作業者に指示を出します。

13:00 写真撮影

測点という基準点を写真に収め、管理。
また、作業の進捗状況を記録する目的もあります。

16:00 作業工程のチェック

当日の作業進捗をチェックし、報告書に記入。
また、翌日の作業内容やスケジュールを確認します。

PRIVATE

ボルダリング

友人に勧められたボルダリングにハマっています。
今ではジムだけでなく、山の大きな岩も登るようになりました。

藪建設はここが魅力

社会貢献度の高い工事

公共工事の魅力は、人々のライフラインを支える社会貢献ができること。
工事を行っていると、地域の人から「今まで困っていたから助かった」「本当にありがとう」といったお礼を言っていただけます。自分の仕事の意義を実感でき、やりがいを感じられます。今後は、津波対策などの防災工事により関わっていきたいです。まだまだ学ぶことが多いので、職人の方の手伝いなども積極的に行い、様々な知識や技術を吸収し、地元の人が安心して暮らせるような町を作っていきたいと考えています。