アンクルモール工法による推進工事やシールド工事、一般土木工事なら優れた技術力の三重県津市の藪建設株式会社へ

藪建設ってどんな会社?

創業者 藪 光忠(やぶ みつただ)

  • 「給料や休みが少なくても、学んだ技術が日本一だと誇れるような職場で働くことが重要だ」という父の教えを守り、当時トンネル工事では日本有数の技術力を誇る株式会社森本組に就職。
  • これがその後の人生に大きく関わる。
  • ありとあらゆる土質を経験したことにより、日本中の土質を扱えるようになり、独立という夢も広がった。
  • 思い切って36歳の時、仕事で駐留していた三重県津市で独立。藪建設を創業。
  • 大手出身でも仕事は来ない。小さい仕事からこつこつ行っていった。
  • その時、チャンスが訪れた。三重県の下水道の普及率が全国ワースト2ということもあり、昭和60年代に下水道工事の発注が始まったのだ。
  • この時、推進工事を行っている業者が三重県にはいなかった。(現在もいない。)
  • このチャンスを、見逃すはずもなく、推進工事へ!
  • 県下では初めての参入。指導に明け暮れる日々を送る。
  • 気がつくと、50歳が過ぎ売上も10億円以上に達していた。
  • 部下も実力が付き、まかせられるまで成長していた。
  • これからは、「難題がありそうでもやることでプラスにつながるような自分の血が騒ぐ仕事を請けること。又、これが人材育成です。」と話す。その眼は、若い時と同じように輝いていた。
  • 「シールド工事・推進工事 これで日本一に挑戦」と指針を打出した今、遠くない時期に実現するような気がします。

藪建設株式会社 創業者 藪 光忠 (昭和16年9月14日生まれ)神戸出身


代表取締役 藪 光忠


昭和39年 大阪工業大学土木工学科卒業
同年 株式会社森本組入社
昭和46年 第2回1級土木施工管理技士試験合格
昭和51年 株式会社森本組退職 藪建設創業
平成17年 国土交通大臣顕彰 推進工事部門で全国21人目の建設マスターの称号を得る

藪建設株式会社
〒514-0126
三重県津市大里睦合町2522番地
TEL : 059-230-8899